×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOMEバストアップのマッサージ

バストアップマッサージの目的

マッサージの1番の目的はバストの代謝を促し、血行をよくすることです。
マッサージを行うことでバストの周りの血行がよくなり、女性ホルモンの分泌が活発になるのです。
マッサージを行うと血液循環もよくなり、新陳代謝が促進され、ハリのある、美しいバストになるという効果があります。
大胸筋をマッサージすることでバストの「垂れ」を防ぎ、乳房をマッサージすることで、乳腺を刺激し発達を促し、バストアップに効果をもたらします。
また、乳がんのしこりの早期発見にもつながります。
これらのマッサージは、産後のお母さんのバストにも効果的。
正しい方法で、少しずつでも続けることで、バスト全体のフォルムを整え、ハリがよみがえってきます。

より効果的なマッサージをするために

体温が適度に温まった状態、入浴中やお風呂上がりは血行がよく、より効果が上がります。
バストには強い刺激を与えず優しく触れること、ジェルやクリームなどを使うとすべりもよく、肌への負担が軽くなります。
マッサージは少しずつでもまめに行い、継続することがより高い効果をうみます。

自宅で自分で手軽にマッサージ

乳房の血行をよくし、乳腺を刺激することでバストアップ効果があります
1.右のバストを右手にのせ、左手は右のバストの上に当てます。
2.右手の手のひらでバストを優しく押し上げ、左手はバストを下方に軽く押します。この時、弧を描くイメージで行います。
3.左のバストも同じ方法でマッサージしてください。20回くらい繰り返します。

バスト上から首筋にかけてのマッサージでより一層のバストアップ
1.手のひらをバストの上にくっつけて、首筋にかけて下から上に引き上げるようにマッサージ。
2.1日30回くらいを目安に行って下さい。

大胸筋をマッサージして、バストの土台をしっかりさせバストの垂れを防ぎましょう
1.まず右手を広げて、それから親指以外の指をそろえます。
2.手のひらを左の脇の下にはさむような感じでくっつけます。親指以外の指を左脇の下にはさみます。
3.親指は肩の付け根のところにおき、脇ではさみこみます。
4.肩のつけねから乳房にかけて、親指の付け根で押すようにマッサージ。
5.反対のバストも同様にマッサージします。

◆参考商品の紹介◆

このページのトップへ