×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOMEバストの知恵袋
ここからの文章はwikipedia引用

バスト

バスト (bust) とは、女性の胸のことである。
アンダーバストとトップバストがある。
男性の胸はチェストと呼ばれる。
「胸囲」を意味する単語としても使われる。

サイズ表記

主に美容的観点からバストアップを求める女性は多い。

バストアップとは本項目では以下の行為を指す。
1.バストサイズを大きくする
2.バストの位置を高くする
3.バストの立ち上がりを高くする
バストサイズは、ブラジャーのカップを用いて表現するのが一般的である。昔は大きい乳房は敬遠されることがあったが、現代では女性の魅力の一つと考えられており、サイズアップを図る女性が増えている。今日、「巨乳」とされるためには、少なくともDカップ以上あることが必要条件である。

早い時期からバストが垂れ気味の人もおり、また若い頃はバストが高い位置にあった人でも、下着の着け方や猫背などの悪姿勢、あるいは出産・老齢といった理由で、胴体に対する乳房の位置が低くなることがある。乳房の位置がウエストに近くなるほど、下がっている・垂れていると言われ、老けて見られやすい。逆に、位置が高くなるほど若さを感じさせるとする意見が多い。

女性のプロポーションを見る際に、体側からのスタイルを重視する場合がある。この場合、体の中心からトップバストへの高さがバストの大きさとして重要になる。バストが横へ広がると、同じ容量でもサイドの立ち上がりは低くなるため、形が悪いとみなされ、バストアップが図られることになる。

バストアップの方法

運動(バストアップ エクササイズ)
主に大胸筋を鍛える。ペットボトル(※あればポリ製ダンベル)を使用した運動などが話題になった。
サプリメント
バストアップサプリメントの有名な成分として、「大豆イソフラボン」「プエラリア」が挙げられる。
最近では、更年期障害に対しても効果があるとされる。ただしオーバードーズ(過剰摂取)すれば、その効果が期待できないばかりか、副作用を生ずる危険を伴うため注意が必要である。
ブラジャーの着け方によるバストアップ
自分の体に合った物を選び、正しく着用することでバストアップにつながることが多い。
マッサージや愛撫によるバストアップ
バストにマッサージや愛撫をすると、バストの血行が良くなり、乳腺を刺激することでバストアップする場合がある。バストアップに関係する経穴の刺激も場合によっては有効。
豊胸手術
シリコンバッグ、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、幹細胞注入、コンデンスリッチファット注入が代表される。
自身の皮下脂肪を脂肪吸引で採取して、バストに注入する方法が注目を浴びている。

バストアップ効果の噂

ザクロジュースでバストが大きくなるという噂があったがこれは大きな誤解であり、手足や腹部にある体脂肪分を乳房の部分に持っていくだけであって、特にバストアップ効果との直接な関係はないとされている。
(美容に効果があるとされるエストロゲンも含まれておらず医学的にも無関係)

このページのトップへ