×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOMEバストの形種類

自分のバスト(胸)の形を知る

自然な状態で鏡の前に立って自分のバストを観察しましょう。 下のイラストと見比べて冷静に自分のバスト(胸)の形を受け入れましょう。

皿型

トップバストとアンダーバストの差が少なく、お皿を伏せたように、膨らみが少なく扁平な形です。(俗にぺチャパイと呼ばれてしまうタイプです)

おわん型

円を丁度半分に割ったような形で、皿型よりはふくらみがありますが、高さが低く、おわんを伏せたような形です。鎖骨と乳房間が少し空いていて、日本人女性に一番多い型といれています。

半球型

胸の高さと胸の底辺がほぼ同じ長さで、ふっくらと丸く盛り上がっています。一般的に理想的な美しい乳房とされています。

円錐型

胸の底辺より高さの方が長く、上に突き出るように、ツンと尖った円錐の形をしていて膨らみがあり、とてもセクシーで均整のとれた理想の形です。外国の映画女優によく見られます。

釣鐘形

トップとアンダーの差が大きい形で、下垂しやすい形です。

三角形

横から見るとちょうど三角のカタチに見えます。胸に厚みがなく、やや未発達な印象があります。

自分のバストの位置を知る

バストの位置も欧米の女性は前方に出ているのに対して、日本人は体の中心から放射状にバストがついていますので、バストが脇に流れやすくなってきます。
だから日本人女性のバストは 脇に流れ胸の谷間ができにくいのです。
鏡の前に立ったついでにバストの位置や乳頭の位置も確認しましょう。
乳頭が外側に向かっていませんか!?

バストの形に合わせてブラジャーを選ぶ

自分のバストをどう見せたいのか、バストの形で選ぶブラジャーは変わってきます。
自分のバストに最適なブラジャーを選びましょう。

■バストの間隔が広い
ワイヤー入りの寄せるタイプのブラジャーがいいでしょう。特にサイドパネルのあるブラは
バストを内側に寄せる力があり、バストラインも美しくなります。

■バストが垂れ気味(釣鐘型)
ワイヤー入りのブラジャーで、バストを持ち上げボリュームアップさせましょう。
Cカップ以上の豊かなバストの方は、フルカップのブラジャーで全体をしっかりと持ち上げてください。

■バストが小さい方
バスト(胸)を大きく見せたい方はボリュームアップできるブラジャーがいいでしょう。
3/4カップならサイドから寄せて、しっかりサポートする力があるので、バストを大きく見せることができます。

■バストが豊かな型
バストをすっぽり包み込むフルカップのブラジャーがいいでしょう。
全体が自由に伸縮するストレッチ素材でできたものがおすすめです。
このページのトップへ